看護師は福利厚生が優れている

ナースの職場といえばホスピタルというイメージが大部分が思うことでしょう。

しかし、ナースの資格を有効にさせる職場は、病院だけでは有りません。
保健所で保健師と意思疎通を充分にして地域住民の健康上のいろいろな対応をするのもナースの役割です。

また、福祉施設にはドクターがいつも居るところは少なく、だいたいの医療行為を看護師が行います。

国内の看護師の年収は平均437万円くらいです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に在籍している看護師は、公務員扱いでの勤務のため、年収は平均して593万円くらいになります。

公務員として働く看護師は給与の上がる率も民間病院に比べて高く、福利厚生もしっかりしています。准看護師として勤める場合は、看護師と比べて年収が約70万円ほど低いです。

日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。

しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての仕事のため、年収を平均してみると593万円ほどになります。

公務員看護師は給料の上がる率も民間病院と比べてみると高く、福利厚生も完備しています。
準看護師の待遇をみてみると、看護師と比べて平均年収が70万円くらい低いです。

看護をする人の転職を上手にするためには、未来のことを考えて出来るだけ早く動くことが大切です。
また、どんなことを重視するのかを決断しておいた方がいいでしょう。

将来像を明確にして、その将来像に合った次に働く先のインフォメーションを少しずつ収集してください。

年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって妥協出来ない条件もいくつか出しておきましょう。看護師資格を取るための国家試験は1年に1度受けられます。
看護師の足りないという問題が起きている日本には嬉しい兆候として、このところの看護師試験の合格率は、90%近辺のとても高い水準を、確保しています。

看護師試験は、大学入試などのふるい落とす形式ではなく、一定の水準に達していれば資格を与えられるシステムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>